2008年07月30日
農家用の真夏対策資材
お米や野菜などを作る農家さん向けには
各種の資材が研究・開発されています

せっかく研究・開発するなら
ど〜っさり使ってもらえるものを…と
考えられちゃうのでしょうか?

バラ用のものを作るよりはお米用や
野菜用!

ふふふふふ

がっくりしてなくてもいいんです!
米・野菜用に開発されたものでも
良いものならバラに使っちゃいましょう♪

問題は、量なんです

葉面散布剤なんか10000倍希釈なんて
ものがあります
きっちり1娵廚辰討發修琉賈倍の液が
一度にできちゃいます
葉面散布で一度に10リットルは使いにくい

土に混ぜるタイプのものは、10アールあたり
これくらいなんて説明だったりします

1アールが100平方メートルだから
え〜っと30坪くらい
10アールだと…なんて計算しているうちに
気が遠くなります

気が遠くなりかけているのに
「量が多いと害が出ます」という警告まであって
泣きそうになったりします

興味津々 でも、使いにく〜い

シンシン使い難い資材の一つに
真夏にはこれだ!
というシロモノがあります

夏はなかなかうまく育たない作物を
超温暖地で栽培可能にした!
という資材なんです

アチアチアツツの真夏のバラ栽培に
ピッタリでしょ?

暑さの程度が低めの寒冷地でも
真夏にバラが一層元気になるのは大歓迎
夏を元気に過ごせば
厳しい冬も越しやすくなります

夏は暑くて、冬は寒い長野なんかでは
大大大大大歓迎!

可愛い姫君たちが
グッタリしているよりは、活き活きとしている方が
嬉しいのは日本全国共通かな?

使いたい 使いたい
しかし使いにく〜い…

ARG(←アンティーク・ローズ・ガーデン)が
使う分にはいいです
葉面散布剤が一度に10リットルできても
問題ないです
土壌混入剤もOK

普通のご家庭で鉢バラでも安心して
使える量を割り出したいと思いました
思いましたので、ずっと実験を重ねて来ました

そして、ついに完成
真夏対策資材のご家庭用バージョン!

この夏の販売バラに
葉面散布剤と土壌混入剤をおつけすることに
しました
是非是非お試しください

お試しいただけたら、効果のほどを
お知らせいただけると嬉しいです!




アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします

 
2007年05月11日
鉢バラの暑さ対策
阪神間に居住しているころに実践していた
鉢バラの暑さ対策です

鉢植えを一回り大きい鉢の中に置く二重鉢法は
ごく普通に推奨されています

黒や黒に近い濃い色のプラスティック鉢に
植わっているものは
二重鉢にするだけで随分と違ってきます

しかし もともと暑さに弱い品種は
鉢を二重にしただけでは
やっぱりへこたれます

・・・で、実践していたのは
土入り二重鉢&レンガ法

二重鉢にして鉢と鉢の間に土を入れる
レンガで床から離して鉢の下の風通しをはかる

これだけのことでガラリと変わりました

外側の鉢は
通常の二重鉢法のように
一回り大きいものではなく
ふた回り大きいもの

6号鉢植えになっていたらなら8号鉢
7号鉢植えだったら9号鉢

外側の鉢底に用土をギュウ〜と入れてから
鉢バラを入れ
すきまにも用土をギュウギュウ入れます

入れ終わったら内側の鉢のフチが見えないように
マルチをどっさり

西日が当りにくい場所を選んで
レンガ2つの上に置く

水やりするときは鉢と鉢の間にも
また外側の素焼き鉢の側面にも
しっかりかけていました

こんな感じでうまく行っていました

でも重いんです この方法
間に入れる土は発泡スチロールを砕いたものを
混ぜてもいいかなって思います


アンティーク・ローズ・ガーデン
copyright © 2007 Antique Rose Garden
all rights reserved