2008年06月29日
梅雨時の肥料
梅雨時は肥料分がどんどん流れてしまいます
ほったらかしにすると、
夏にスカスカ肥料不足の土になってしまいます

温暖地では、真夏になってから
肥料をドカンと追加するのは危険です

真夏は全然肥料を与えない!という主義の方まで
いらっしゃいます

真夏に与えられないのに、真夏の前にスカスカ土では
どうしましょう?

梅雨入り前に、肥料を与えていなかったら
今からでも遅くない! あげましょう あげましょう!

寒冷地は、施肥できるのは、せいぜい9月の頭まで
(強い霜の降りる6〜8週間前まで)

真夏も施肥できますが、真夏もあげても
施肥できる期間がと〜っても短いです

やっぱり今もあげましょう! あげましょう!

梅雨時は雨で流れてしまう分も
考えて肥料を与えてやってください

窒素肥料ばかり多いと葉っぱが柔らかくなって
病気に弱くなりますからリン酸・カリも
お忘れなく

堆肥も同時に与えると、土が元気になってくれます
元気な土から元気なバラ!

施肥バッチリ 堆肥もバッチリだと
雨が続いても悠々とバラを眺めていられます
しみこめ〜〜〜 しみこめ〜〜〜
元気になれ〜〜〜

真夏になってから、夏対策を考えても
できることは二重鉢にしたり、水やりを工夫したりと
消極的解決策しかありません

積極的な夏対策は、真夏の前に!
梅雨の晴れ間がチャンスです