2010年05月11日
ノワゼット・ジャンヌ・ダルク
■憧れのバラ苗■ノワゼット・ジャンヌ・ダルク 
       ラブリー ラブリー ノワゼット

Jeanne_dArc1.jpg

ノワゼット系オールド・ローズ
1848年 フランス

四季咲きのつるバラです
花はセミ・ダブル 
ほんわかピーチ・ピンクの花を見せてくれたり
純白の花を見せてくれたりします

トゲは少なめ ポツンポツンと赤いトゲがあります
数は少なくて赤いトゲだと
トゲまで魅力的に見えてしまいます

香りはムスク香
一番遠くまで届く香りだそうです

樹高のめやすは1.5メートルから
2.5メートル程度
花の直径は5センチ程度

ノワゼットのバラの中では大きい花です
大き目の花で、しかも咲きながら伸びます

ジャンヌ・ダルクに捧げられたバラはいくつもあります

でも、その中でも
このノワゼットの『ジャンヌ・ダルク』が
一番魅力的だと思っています

000Heart_4.jpg


イギリスは大西洋に浮かぶ島国
フランスはヨーロッパのほぼ6角形の国

こんな風に国境が決まったのは
百年戦争の後なのだそうです
時は14世紀から15世紀

百年間ずっと戦闘が続いたわけでもないみたいですが
イングランド軍にどんどん攻め込まれ
フランス王家が途絶えてしまうかも〜〜〜というときに
サッソーと登場したのがジャンヌ・ダルク

それまでの劣勢をはねかえし
フランス王家は無事存続できることになりました

ヨーランド・ダラゴンさんに庇護されていたフランス王太子が
戴冠式を行いシャルル7世となったのです

000Heart_4.jpg


ジャンヌ・ダルクが生きたのは1412年から1431年
1920年には聖人と認められたそうです

フランスの農村の娘さんが神さまの声を聞き、母国を救い
その後のヨーロッパの歴史まで変えてしまったのですね

そして今は聖人として
高い空の上で暮らしていらっしゃる♪

000Heart_4.jpg


知らない人の方が少ないのではないか
と思うほどの人物に捧げられたバラなのに
なぜだかヨーロッパの有名ガーデンには
全く植え込まれていません

いいのかなぁ
国民的英雄の名のバラをもっと大事にしなくって!!!

ちっとも咲かないコマッタチャンならともかく
スイスイ咲いてくれるオリコウさんなのに!

フランスに出かけて行って
行商して回りたいくらいの気分ですが
それはとても無理(無念なり)

日本のどこかで
『ジャンヌ・ダルク』いかがでしょうか?

000Heart_4.jpg


いつの日か
「ジャンヌ・ダルクってこんなにきれいなの?」
「日本で大切にしてくださったのだわ」と
フランスの人々が
感謝・感激してくれるかもしれません


現在販売中のバラ苗はこちら
開花苗のご予約はこちら
をごらんください
どうぞよろしくお願いいたします

アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2010 Antique Rose Garden