2009年02月07日
ティーのお作法

17世紀から18世紀にかけての
ヨーロッパでは
お茶はたいへん高額なものだったそうです
砂糖もこれまた高額

高価なものに高価なものを入れて
飲むのは
「当家は高価な品々を賞味するセンスと
財力がございます」
という意味もあったみたいです

ロマネ・コンティのドン・ペリニヨン割りみたいな
ものでしょうか
(誰もしない?)

さて、そのロマコンのドン・ペリ割り・・・
じゃなくて砂糖入りのティーを
ヨーロッパの王族・貴族の方々が
リッチさの象徴として飲みます

ちょっとその姿を思い浮かべましょう♪

美しく作られたティー・ルーム
美しくよそおったヨーロッパの王侯・貴族
漂うティーの香り

う〜ん うっとり

さてティーを飲むときに
ヨーロッパの人々は
どのようにして飲んだか?

あつあつのティーをソーサーに
移して、音をたてて飲んだそうです

ズズズズズ〜

ヨーロッパには日本のお茶も輸入されていますから
そのときに茶道の作法も伝わったのでしょう

お作法はさておいて
(おくなら書くな? すみません)
ティーがリッチさの象徴だったことには
間違いがありません

ヨーロッパの人々が
ティー・ローズに夢中になったのも
わかる気がします

その後ティー・ローズと交配されて
ティーの香りのバラはたくさん誕生しました

春になったらティー系の香りの
バラを思い切り楽しみたいですね

香りをかぐのに
ズズズと音はたてないほうが
よさそうですけど!




アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします