2009年05月30日
ジャン・ボダーン
■憧れのバラ苗■ジャン・ボダーン 
                        めろめろモス・ローズ

090530JB.jpg


今 このバラにメロメロなんです
なんと愛らしく乙女チック!

画像ではわかりにくいかもしれませんが
外側の花弁は色も淡くて、半透明の感じ
まるでオーガンジー
全体はフルフル・ラブリー
妖精の翼か 
幼さを残す少女バレリーナのチュチュか

ARG(←アンティーク・ローズ・ガーデン)は
玄関でたらば、すぐにバラ・・・という毎日ですが
玄関出てから左に折れて、さらに左に折れて
次は右に曲がって、最後に左に折れて・・・という
バラ地帯もあります
なんと広大な!

いえ 折れるまでの距離がたいしたことないんで 
そんなに広大ではないです テヘ
それでも開花中のボダ〜ン嬢は
左にも右にも折れないで
すぐみえるところに置いています
「おはよう」の挨拶はこのバラです!

ヴィベールさん作出のモス・ローズ
ジャン・ボダーンさんは
16世紀フランスの政治思想家さん
「国富論」という書物を書き
「みんなもっと読め〜」と
ご自身でラテン語翻訳もしてしまったらしいです

ヨーロッパ各国ではラテン語バージョンから
さらに翻訳がされて、広く読まれた様子です

ジャン・ボダーンさんはフランスでの評価は高いが
イギリスではそうでもないときもあるということを知り
な〜るほどと思いました

ヴィベールさんはフランス大好き!イギリス大嫌い!
それでこの名を選んだのかも

090530JB-2.jpg


ヴィベールさんのモス・ローズ 返り咲き
それだけの情報で手に入れてみたバラです
花咲くたびにメロメロ
単純でないピンクにラブラブ
ボタン・アイにクラクラ
あ〜 会えてよかった〜〜〜と
感動・感動・また感動

葉っぱがダマスク・パーペチュアル風です
これは返り咲かない訳はない

そう思ったのですが
昨年の秋の花は確認できませんでした
咲いてないのを確認したわけではないのです
咲いたのは確認できてない
つまり返り咲きに関しては不明

普通ならば返り咲き性の確認ができるまで
苗は作らないのですが
春だけだっていいじゃん!!!!
こんなに可愛いのにぃぃぃぃ!!!!
という気分でフライングで苗作ってしまいました

フライング増殖 返り咲き未確認ですが
この可愛さには勝てませんでした
こんなにこんなに可愛いのに〜
ほとんどないんです 世界中に
いいのか! 嫌だよ!
残したいよぉ

マイ・ローズの1本に
『ジャン・ボダーン』はいかがでしょうか?
モスの魅力を堪能したあとは
フルフル・オーガンジーの花びらと
強いスイート・ダマスク香に酔いしれてください

【おわび】 めろめろ過ぎて文章がバラバラです
       え? いつもと同じ 
       う〜ん そうかもしれません(反省)


アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします