2009年07月01日
マリー・ド・サン・ジャン 改訂版
■憧れのバラ苗■マリー・ド・サン・ジャン 
                                    美麗白花ポートランド

090627MST.jpg


『マリー・ド・セント・ジーン』とか
『マリー・ド・セント・ジョーン』と
呼ばれることもあるのですが
やっぱりジャンではないでしょうか?

ジャン・レノさんという俳優さんだって
いらっしゃいますもの

ジャン・レノさんの国籍はフランスですが
フランス語だけではなく
ペ〜ラペラ英語です

「レオン」で殺し屋を演じたときも
「ダ・ヴィンチ・コード」で刑事を演じたときも
リメイク版「ピンクパンサー」で
クルーゾー警部と一緒に活躍したときも
ペ〜ラペラ英語

でもジャン・レノさんはジャン・レノさん

ジーン・レノでもないし
ジョーン・レノでもないじゃ〜ありませんかぁ

090627MST-4.jpg


・・と、思っていましたら
地域全体が世界遺産というリヨン歴史地区に
サン・ジャン大聖堂というカトリック教会発見!

もしかしたら このバラは
サン・ジャン大聖堂の聖母マリアさまに
捧げられたバラなのかも知れません

作出者さんの居住地がリオン
アルバ系を除くと
オールド・ローズの白花は意外と少ないです

清らかな白いポートランド系のバラの作出に成功したとき
その成果を奇跡と感じて
大聖堂のマリアさまに捧げたくなっても納得です

090627MST-3.jpg


この推論を
敬虔なクリスチャンで
英語もわかる フランス語もわかる 
しかしバラには無縁という
知人にぶつけてみました

感想は「ありえるね〜〜〜」

カトリックではマリア様をたたえるので
教会には必ずマリア像がある
サン・ジャンは日本風に言うと聖ヨハネ

十二使徒の中でもヨハネは
マリア様との結びつきが強く
マリアといえばヨハネ
ヨハネといえばマリアという連想が働くそうです

イエス・キリストが磔刑になったとき
刑場ゴルゴダの丘まで
付き添った使徒はヨハネだけ

マリアさまはもちろん付き添っていますから
磔刑の絵画には両脇に
聖母マリアと使徒ヨハネが
描かれることも多いらしいです


090627MST-5.jpg


単純に白いだけのバラではないのです
チェリー・レッドに染まるふっくらツボミも魅力的

花弁の縁にチェリーの色を残しながら
ゆっくりと開きます

極限まで白に近づいて
でもかすか〜にピンクの残る花
中心にはボタン・アイ♪

フルーティーな香りの溶け込んだ
強いオールド・ローズ香があります

しかも返り咲き!
麗しの花が一年に一度だけで
また来年お会いいたしましょう〜
というバラではないのです♪

樹高のめやすは1から1.2メートル
鉢栽培ならもう少しコンパクトに仕上がるかも

推定交配はお母さんバラが
ポートランド・ローズの『サフォー』
お父さんバラがブルボン・ノワゼットの
『マドモアゼル・ブランシュ・ラフィート』

ほんまかい?
すみませ〜〜〜〜〜ん 記録はありません
手元において愛培して
ピピピ〜ンと感じた推定です

でも もし そうだったら
超有名『ブル・ド・ネージュ』と
交配に使われたバラは同じで
お母さんバラとお父さんバラが逆です

なんとなくいい感じの推定だと思うのですけど
いかがでしょうか?

090627MST-2.jpg


『ブル・ド・ネージュ』には同じ交配で生まれた
姉妹バラがいくつかあるのですが
『サン・ジャン』は一人っ子です

お母さんバラがポートランドの『サフォー』だったので
ブルボン・ノワゼットの『ラフィート』より
お子様少な目だったのかもしれません

ああ この麗しの『サン・ジャン』にも
姉妹バラがあったらなぁ〜〜〜〜

しかし ないものは仕方なし
一人っ子『サン・ジャン』を大事に大事に育てたいです!

マイ・ローズの一本に
『マリー・ド・サン・ジャン』はいかがでしょうか?

ポートランド・コレクションには是非!
白バラコレクションにも是非!

うっとり気分を届けてくれる麗しバラに
メロメロの方も是非!

マリア様のバラかもしれないと思うと
麗しの花やとろける香りといっしょに
心の平安も手に入りそうです



アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします