2009年07月08日
ナッカータッシュ・ノワゼット
■憧れのバラ苗■ナッカータッシュ・ノワゼット
            見るたび楽しいファウンド・ローズ
 
090708NN.jpg


ナッカータッシュはルイジアナ州の都市の名前らしいです

もともとはナッカータッシュという名前の
ネイティブ・アメリカンの部族の居住地

やがてフランス人が居住して
スペインに支配されていたメキシコと交易をはじめます

18世紀にはヨーロッパからの入植者が
継続的に住む町を作りました

当時のルイジアナはフランスの領土
19世紀初頭にフランスからアメリカに売り渡されました

アメリカ側はミシシッピ川の河口の
ニューオリンズを入手したかった

ナポレオンはカナダが攻め込んできたときに
ルイジアナを守りきれる自信がなかった

両者の考えがうまく一致して商談成立
210万平方キロメートル強の土地のお値段は
1,500万ドルだったそうです

坪単価は23ドルでしょうか?(計算違うかも)
いくら19世紀でもお安いお値段ですね

『ナッカータッシュ・ノワゼット』は
この町で発見されたバラ

町の中でも古い建造物の残る地域の
セメタリーで発見されたそうです

ネイティブ・アメリカン、フランス人、
メキシコ人やスペイン人、そしてアメリカ人

たくさんの人たちが立ち寄りそして去っていった町で
そっとひっそり咲いていたバラ

中輪・セミダブル
咲き始めはカップ咲きです

画像ではわかりにくいですが
単純でないピンク色

ちょっとベージュかアイボリー混じってないかい?
こんなピンク見たことないぞ〜〜〜〜

咲き進むと花芯を見せながら
ピンク色が濃くなります

花弁フチからピンクが濃くなりますが
いつでも絶対全部がピンクになるわけではないのです

ひとつの花がどんな変化を見せてくれるかは
そのときのお楽しみなんですよ

新しいシュートの色にビックラコしてしまいます
だってワイン・カラーなんですもの
新芽も赤いです

これはどうも純粋純のノワゼットでは
ないかもしれません

でもちゃんと房咲き♪
微妙美し見たことないぞカラーの花が
房を作って咲いてくれます

葉っぱも通常のノワゼットより幅広です
葉っぱ一枚だけを見たらティー・ローズの雰囲気

幅広の分だけ光合成パワーが大きいのかもしれません
病気に強いヘルシー葉っぱです

データによりますと
温暖地での伸長は1.2メートル程度

つる系のバラを植えるなら
なるべく年中咲いて欲しい

ゴワゴワガシガシの茎より
しなやか〜な茎が誘引もお気楽

花はなるべく年中 誘引はお気楽のご希望に
『ナッカータッシュ・ノワゼット』は
しっかり応えてくれそうです

香りはムスク香
この香りが問題点なんです
強さが安定しません
ほのかに香るときもあれば
パワフルなときもあります

ほのかならほのか パワフルならパワフルで
安定していれば、もっともっと人気者に
なったかも知れないなと思っています

マイ・ローズの一本に『ナッカータッシュ・ノワゼット』は
いかがでしょうか?

花色個性的 しかも花ごとに表情が変わる
香りもそのとき次第
『ナッカータッシュ・ノワゼット』をお迎えしたら
毎日ナッカータッシュ・チェックをしたくなりそうです

「へ〜 見たことないバラだわん」・・・と
ご近所さんやお友達にため息をついていただいて
同じバラでまたまた
ため息をついていただくこともできますよね!



アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします