2009年09月12日
真正スレーターズ・クリムゾン・チャイナ
■憧れのバラ苗■真正スレーターズ・クリムゾン・チャイナ

090912SCC7.jpg


現在『スレーターズ・クリムゾン・チャイナ』として
流通しているバラは本物ではない!

これは長く言われてきたことなのだそうです

古いボタニカル・アートに描かれた
『スレーターズ・クリムゾン・チャイナ』と
流通しているバラが違いすぎるのです


皆様 ご存知のように
中国のバラが伝わってヨーロッパのバラは
四季咲き性を獲得しました

四季咲きの遺伝子を伝えた4つのバラたちは
まとめて「4頭の種馬」と呼ばれています

『スレーターズ・クリムゾン・チャイナ』は
4頭のうちの一番乗り先行馬

生きた状態では1792年にイギリスに伝わっています
その先行馬が地球上から消滅????


もともと中国のバラなら中国にあるのでは?

『ティプシー・インペリアル・コンキュバイン』を
中国から持ち帰ったロザリアンさんが
『スレーターズ・クリムゾン・チャイナ』と信じたバラも
持ち帰り、グラハム・トーマスさんに見せたのですが
グラハムさんのお答えは
「違います」  ガガ〜ン
ああ 消えてしまったのか 先行馬・・・


このバラがヨーロッパに渡った当時の人々には
大大ビックラコの四季咲き性と
赤い色の花であったことが
このバラの再発見につながりました

画家さんたちが残してくれたボタニカル・アート
ルドゥテさんはもちろん! 
他の画家さんの絵も残っています


そして ついに
真正『スレーターズ・クリムゾン・チャイナ』が
発見されました!

数年間の調査・研究・観察の結果 
真正と断定され
英国の高名なフラワー・ショーにも展示されました


で、真正の
『スレーターズ・クリムゾン・チャイナ』が発見され
断定され、展示もされたその後・・・

やはり真正でない
『スレーターズ・クリムゾン・チャイナ』の方が
たくさん流通しているんです

バラ屋さんすべてが「ものずきん」という訳ではないので
仕方ないのかなぁ・・・


真正『スレーターズ・クリムゾン・チャイナ』は
ゆるいカップ型のセミ・ダブルの花
花びらギュウギュウではありません
花びらのフチも反り返りません
チャイナ〜 チャイナ〜 しています

ほっそりした枝で良く枝わかれします
葉っぱはやや細長
樹高のめやすはおよそ1メートル
条件がそろえば年中開花してくれます

チャイナ系は休眠システムの
必要のない場所の出身
冬の強剪定さえ避けていただければ
と〜っても育てやすい系統です


バラの歴史上たいへん重要な働きをしたのに
行方不明になっていた赤バラ

18世紀のボタニカル・アートそのままの花が
21世紀に花開いてくれます♪


マイ・ローズの一本に
真正『スレーターズ・クリムゾン・チャイナ』は
いかがでしょうか?

またまた世界中から消え去って日本で発見!
な〜んてことが起こるかもしれない・・・と思いつつ
手元に置いてやっていただければ
格別の思いで育てていただけると思います  



アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします