2009年11月13日
秋の花がら摘み
寒さでバラが枯れるようなことが
起こる地域では
秋にはハサミを入れないほうが
安全です

せっかく眠りかけた子を
わざわざ起こして
新しく成長をさせると
貯蔵養分の損失になります

この新しく伸びた部分は
フニャフニャで冬を越せません
養分の無駄使いになってしまいます

【結論】
寒さでバラが枯れるようなことが
起こる地域では
秋の花がらは放置する

086_Romantic_Heart_and_Rose_7.jpg


寒さでバラが枯れるようなことが
起こらない地域では
どうしましょうか?

花がらを摘んでもう一度開花が
見込めるのなら切る

もう咲きそうになければ放置するのが
良いと思います

花がらを摘む場合もなるべく葉っぱは
残したいです

花がらだけ摘み取る「ハサンデポキリ作戦」は
いかがですか?

「ハサンデポキリ」って何だよ!
以前に「スナッピング・オフ」として
ご紹介した花首を指で挟んで
ポキリと折る技法です

咲くかどうか不明の場合は?
咲かせてみたいという強い思いが
こみ上げてきたら切ってみる
咲かなくてもいいや〜〜と思ったら
放置でしょうか


【結論】
寒さでバラが枯れるようなことが
ない地域で、
まだ咲きそうで咲かせたい!ときには
花がらを取り除く
もう咲きそうにない・咲かなくても良い
場合は放置する

こんな感じでいかがでしょうか?


086_Romantic_Heart_and_Rose_7.jpg

【おまけ】
寒い地域の秋のお手入れは
こちらもご参考になさってください
http://antiquerosegarden.dreamblog.jp/blog/1069.html


ハサンデポキリの「スナッピング・オフ」は
こちらをご参考になさってください
http://antiquerosegarden.dreamblog.jp/25/96/
この記事の中の
「大輪の花をドンと楽しみたいハイブリッド・ティーは
セオリー通りに切り戻したほうがいいかな・・・」以下の
部分は秋以外の対処法です
秋にスナッピング・オフで花がらを取ったときには
ハサミによる切り戻しは特に必要ないと思います




アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします