2009年11月18日
フォークシンガー
■憧れのバラ苗■フォークシンガー
              ほんわかバック

091117FS-1.jpg


なんともいえない優しい色合い
これで寒さに強いんです
暑さにも強くて 病気にも強い
バック博士作出のバック・ローズですから!

ARS(アメリカン・ローズ・ソサエティ)の分類では
イエロー・ブレンドなんです
でもイエロー・ブレンドだけではすまないような
ほんわかカラー

イエロー系には違いがないですが
アプリコットっぽいし
ピーチ・ピンクのときだってあるんですよ!

香りもフルーティーです
ベースはティー香ですが
それに加えてフルーティーな香り

神戸に「マリアージュ・フレール」という
紅茶のお店があります

いろいろなフレーバーのつけられた
お茶がぎっしり 日本茶や中国茶もあります

お茶にフレーバーを付け加えることに関しては
マリアージュ・フレールが
まさに革命的だったと聞いています

ティー香ベースにフルーティな香り
この花の香りをかぐと
重厚な店構えの神戸マリアージュ・フレールが
思い出されます

マリアージュ・フレールのお店は
神戸にあるくらいだから、東京にもきっとあるはず
世界的な紅茶ブランドなので
お口になさったかたも多いかと思います

別にマリアージュ・フレールでなくてもいい?
そうですね 
紅茶を飲みながらフルーツを食べた
楽しい思い出のひとときが
心によみがえるかもしれません

樹高のめやすは1・2メートル程度
分類はシュラブですが
全体の感じはハイブリッド・ティー
枝がダァァァァ〜と伸びて
枝垂れるタイプではありません
シャキーンと立って、麗しの花を見せてくれます

葉っぱは光沢のある濃い緑
ツバキの葉にちょっと似ているかもしれません

これだけの葉っぱだと、病気だけでなく虫さんも
「このバラはご遠慮させていただきます」と
去って行きそうです

お母さんバラは、苦難と栄光のバック・ローズ
『ケアフリー・ビューティー』

お父さんバラは、ドイツのコルデスさんの
黄色いフロリバンダ

バック博士は、バラの交配が
思うように進まないときに
コルデスさんに助けられたのだそうです

ご自身の作品『ケアフリー・ビューティ』と
恩人コルデスさんのフロリバンダから
素晴らしいバラを作出!
美しい物語ですね

その昔 某放送局で「ふるさとの歌祭り」とかいう
番組があったそうです
各地の民謡などを紹介する番組でしょうか?

その番組の英字新聞での表記は
「フォークソング・フェスティバル」だったそうです

バック博士はアメリカの方なので
日本の某放送局で民謡を歌う方々に
捧げたのではないとは思うのですけれど・・・

いわゆる「フォークソング」に
青春の思い出を重ねるのも素敵♪

いや〜 あの番組が良かった! 好きだった!
の場合は、「ふるさとの歌祭り」の花
として愛でるのも素敵♪
自分のバラの楽しみ方は自由自在です♪

ほんわかカラー・小さめ大輪の『フォークシンガー』を
マイ・ローズの一本にいかがでしょうか?
花色にうっとり 香りにもうっとり

バック博士とコルデスさんの
国境を越えた友情にも
うっとりできるバラです

お気に入りのフォークソングや民謡を口ずさみながら
バラのお手入れをするのも楽しいですね

そのとき ロザリアンはまたたくまもなく
フォーク・シンガーへと変身するのでございます



アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします