2009年12月10日
UME三回忌
ロック・バンド東京ヤンキースの梅村総一郎
愛称UME(うめ)が逝ってからちょうど2年

明日はその三回忌として
東京鹿鳴館で
午後6時から追悼ライブが行われます

ライブのタイトルは
「ウメムラ・メモリアル・残された力」

ボーカリストだったUMEを失ったあと
専門のボーカリストを加えることなく
残されたメンバーのみで
活動を続けている東京ヤンキース

明日は東京ヤンキースと
その仲間達(レディース・ルームなど)が
集ってにぎやかにやる予定・・・らしいです

TOKYO YANKEESだの
LADIES ROOMなどと言っても
「知らないよ〜〜〜」という方が
多いと思います

まだアマチュアだったころのX−JAPAN
(当時のバンド名はXだけ)と一緒に
ライブ・ハウスで演奏活動をやっていた
仲間たちです

バラと何の関係が?
バラとは関係ないです
ARG(←アンティーク・ローズ・ガーデン)の
若かりし日の思い出です

ライブ・ハウスに通いつめた?
いえ〜 あの〜 その〜
なんというか〜 つまり〜
ステージに立つ側でした

立って何をしていたか?

ライブ・ハウスのステージで
ただ立っていても不気味

ギターを弾いてました

アマチュア時代のYOSHIKIさんも
よく知っています
年上なので当時から
ヨシキさんと呼んでいました

YOSHIKIさんの本名は林佳樹
なんで林さんと呼ばなかったのかなぁ
電話がかかってくると
「もしもし 林ですけど」だったのですが・・・

YOSHIKIさんがヘアースプレーを
丸々一本(プラスアルファー)を
使い切って、髪の毛半分を逆立て
自由の女神ヘアーを
はじめてやった場面も目撃
思い切り笑ったら
YOSHIKIさんは「ヘヘヘヘヘ」

自慢か?
いえ 全然
そんなつもりは全くないです

ただ、UMEを語るのには
YOSHIKIさん抜きでは
語れないんです

UMEは高校卒業後 
家業のボタン屋(梅村ボタン)の
仕事をしていましたが
家を出たがっていました

同じ頃 別のバンドのジョージも
家を出たがっていて
「ふたりで住んじゃえば?」と
口出ししたところ
本当に二人で2DKのアパートで
暮らし始めました

アマチュア時代からYOSHIKIさんは
なんだか超別格の風格があり
その音楽性・独創性・人間性に
魅了されたUMEとジョージは
自分自身のバンド活動のかたわら
Xの活動を手伝うようになりました

Xの古いビデオをみると
二酸化炭素のボンベをかついで
ライブ会場を走っているUMEの姿を
見ることができます

明日の追悼ライブ
駆けつけて一曲だけでも演奏したい!
ああ しかし行けそうにもない

複雑な思いを抱きつつ
ジョージに電話をしたところ
「会場にこなくても、それぞれが
UMEのことを思ってくれたらいい」

ジョージはライブ前日ということで
仕事を早あがりして
ベースの練習中でした

甘かった!
前日に電話してどうなるものか!
今も現役ミュージシャンのジョージが
仕事を切り上げてでも
ライブのための練習をしている!

苦い思いがこみ上げてきました
なぜUMEやジョージのように
家を出ることができなかったのか?

ライブでのUMEの決まり文句は
「あ〜ば〜れ〜ろ〜よ〜!」

センチメンタルになっていたら
UMEの声が聞こえてきました

「バラ屋になったんだろぉ〜
半端な思いじゃないんだろぉ〜
後ろみるなよ〜
前みろよ〜」

若かりし日のことを思い出しつつ
バラ屋としての自覚を再確認している
ところです



アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします