2010年02月01日
オールド・ガーデン・ローズ
オールド・ガーデン・ローズって
何でしょうか?

姿・かたちはオールド・ローズで
発表された年代がモダンなんです

これでは意味不明か・・・

時代順に説明を試みます

人類の歴史とともに
育てられ愛され続けて来たバラ

19世紀に画期的なバラが誕生しました
その名は『ラ・フランス』

ハイブリッド・ティーという
新しいスタイルのバラが
人類の友にお仲間入りです

ハイブリッド・ティーは一般的には
花屋さんで売っているようなバラ
キリキリ巻き上がる花姿
デパートの包装紙のデザインに
使われたりします

『ラ・フランス』より後に作出されたバラは
現代的なバラという意味で
「モダン・ローズ」と呼ぶことになりました

『ラ・フランス』以前のバラは
古くからあるバラなので
まとめて「オールド・ローズ」

はい めでたし めでたし

ところが困ったことが起こるように
なってしまったんです

ハイブリッド・ティー誕生以降にも
ハイブリッド・ティー以外のバラも
作出されました

バラを生み出す人 
バラを育てる人
全部が全部 花屋さんスタイルのバラだけを
好んだ訳ではなかった!

たとえば『ラリー・ダニエルズ』というバラの
発表は1995年

『ラ・フランス』が1867年ですから
発表の年だけで単純に決めれば
これは「モダン・ローズ」

こ〜んなのモダン・ローズですかぁぁぁぁ

ARS(アメリカン・ローズ・ソサエティ)が
解決策を編み出しました

『ラ・フランス』以前に存在したバラのクラス
に分類されるバラで
『ラ・フランス』以降に発表されたものは
オールド・ガーデン・ローズとする

『ラ・フランス』以前に存在したバラのクラスは
ガリカ、アルバ、ダマスク、センティフォーリア
モス、ポートランド、チャイナ、ティー
ノワゼット、ブルボン
ハイブリッド・パーペチュアルなど

1867年以降に発表されて
上記のガリカ、アルバ・・・などの
特性を持っているものが
オールド・ガーデン・ローズです

これでほんとにめでたし めでたし

オールド・ローズと
オールド・ガーデン・ローズは
作出年の違いだけです

右の「アンティーク・ローズ」という項目は
オールド・ローズもオールド・ガーデン・ローズも
いっしょにしています

オールド・ガーデン・ローズって何?
・・・という素朴な疑問に
お答えできましたでしょうか?

え?
ハイブリッド・ティーが全部キリキリの
花姿とは限らない?
はい 確かにそうです

ARG(アンティーク・ローズ・ガーデン)の
紹介しているハイブリッド・ティーは
変わった花姿のものが多いじゃないか!
これまた 確かにそのとおり

個性的で魅力的なものを
見てみたくなっちゃうんですぅ
よってモダン・ローズもオールド・ローズも
(オールド・ガーデン・ローズも)
取り扱い品種は個性派が多いです

典型的なモダン・ローズを
ズラリと揃えていらっしゃるバラ屋さんの
ご説明でないとこういう文章は
説得力なしですかねぇ

オールド・ガーデン・ローズという分類が
あるけれど、別にたいしたことじゃあ
ございませんと、わかっていただけたら
十分なんですけど・・・

なんだか 元気なしモード?
今後 品種が増えても
典型的バラずらりバラ屋には
ならないとわかっちゃってるので
この件に関しての説得力は
あきらめモードなんです
すみません


現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします


アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2010 Antique Rose Garden
all rights reserved