2010年02月08日
マダム・ハーディー
■憧れのバラ苗■マダム・ハーディー
             最も美しい白薔薇

Mme_Hardy5.jpg

ダマスク系オールド・ローズ
1832年 フランス


「白いオールド・ローズの中で最高に美しいものの一つ」
という評価があるそうです

原文は
「ワン・オヴ・ザ・モースト・
スパーラティヴリィ・ビューティー・
オヴ・ジ・オールド・ホワイト・ヴァライティーズ」

「スパーラティヴリィ」という単語は
舌を噛みそうですが、「すごいよ〜」という感じが
良くでていますよね!

グラハム・トーマスさんの評価なんです

長く美しいガクに包まれたつぼみから
純白の大きな花が咲きます

カップ咲きで咲きはじめ、やがてフラット咲き
花びらは100枚前後
中心にはエメラルドのグリーン・アイ
レモンの香りの混ざる強いダマスク香があります

淡い緑の卵型の葉 
ふちにギザギザがあって5枚葉だけでなく
7枚葉も出ます

リュクサンブール・ガーデンのキューレターであった
ハーディさんの作品

リュクサンブールの宮殿はルイ13世のお母様にあたる
マリー・ド・メディシスさんが購入した宮殿

もともとはリュクサンブール公爵の住まいであった
建物を改築したのでこの名前がついたそうです

歴代有名居住者のなかには
リシュリュー卿もいらっしゃるみたいです
カーディナル・リシュリューさんですね
これは17世紀のお話

ロベスピエール失脚後のフランス革命期には
総裁政府の権力者が使用し
第一統領になったナポレオンが
住居にしたこともあるそうです
ごーかけんらんの建物なのでしょうね

『マダム・ハーディー』が作出されたのは
ナポレオンが失脚したあとで
フランスに王様が復活した時代

1832年なら王様はルイさんかな?
ルイはルイでもルイ何世じゃなくて
ルイ・フィリップさん

リシュリュー卿、ナポレオン、ルイ・フィリップ
バラに名前を残す人がぞろぞろ登場です!

 
Mme_Hardy4.jpg


ハーディさんはリュクサンブールのガーデンで
毎年たくさんの種を蒔き
新しいバラを生み出しましたが
それらを売ることはなく
すべて他の植物との物々交換をしたそうです

ナーサリー・マンではないので
売るわけにもいかなかったのでしょうか?

リュクサンブールのガーデンを充実させるために
植物増やしを兼ねて、バラの交配に取り組んだ?

ハーディさんの時代はヨーロッパに
四季咲きの遺伝子を持つバラが到着したあとです

リュクサンブールのガーデンでは
チャイナ・ローズやブルボンやノワゼットも
育てられていたらしいです

『マダム・ハーディー』は普通
ダマスクに分類されますが
純粋のダマスクではない雰囲気なんです

整った花型の純白のバラ
ふっくらコロリンのツボミ
これはちょっと純粋ダマスクの特徴とは違っています

他の系統の遺伝子が入っているのかもしれません
チャイナ系かな? ノワゼット系かな?

手元に四季咲きのバラがあれば
交配に使ってみるのが人情というものですよね〜〜〜

美しさピカイチのバラです
欧米では
「作出者が奥様にささげたバラは特にすばらしい」
というのが定説らしいですが
そのことを証明する代表選手はやはりこのバラでしょう

マイ・ローズの一本に超有名&超美麗の
マダム・ハーディーはいかがでしょうか?

スパーラティヴリィな美しさに
ため息ため息の春を迎えることができます

超有名バラが手元にあるだけで
な〜んとなく こころ落ち着き
かつ優雅な気分にもなれますしね


初出2007年9月22日
景色が真っ白になるほどの雪と風
その後 除雪に没頭
ああ地面を掘り掘りしたい
マイ・ローズをいじりたいと思った日に
心に浮かんだのはこのバラでした
地面より高くした花壇(レイズド・ベッド)に植えています
昨年は枝先を地面に突き刺すだけの
無謀・手抜きペギングで
たくさん咲いてくれました
今年も早く会いたいです



現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします


アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2010 Antique Rose Garden
all rights reserved