2010年03月25日
マーティン・フロビッシャー
■憧れのバラ苗■マーティン・フロビッシャー
              超耐寒探検家シリーズ

100325MF.jpg

ハイブリッド・ルゴサ
1961年 カナダ

花びらのヒラヒラ加減が個性的です
クシュクシュのようなヒラヒラのような花びら
こ〜んなバラもあるんですね

花びらギュウギュウとセミ・ダブルの中間くらい
何段にも重なるクシュクシュ・フワフワの花びらが
よく目立ちます
中輪の花です
ペタ〜っと全面ピンクじゃない花びらがチャーミング
当地では春にバッと咲いて
その後もポツポツ咲き続けます

葉っぱはしっかりめ
つやつや照り葉ではいのですが
葉脈がくっきり出ていて
なんだか信頼感のおける葉っぱです

超強香ではないですが、ほんわか良い香り
樹高のめやすは約1.5メートル
病気に強い品種です

耐寒性がすごいのです
耐寒性が強いバラでも栽培最適ゾーンは
「UDAゾーン4以上」というものが多いのですが
この品種の栽培最適ゾーンは
なんとなんとUSDAゾーン2以上

USDAはアメリカ農務省の略語で
この機関が冬の最低気温を元に
各地域の分類を行っています

ゾーン2はマイナス40℃以下になる地域
こんなところでもバラを育てたい!
という希望があって
その希望に応えてくれるバラもある
いいですねぇ

バラは花姿も全体の大きさもいろいろ
暑さに強い 寒さに強いと
性質もいろいろあるから
こ〜んなに愛されるのでしょうねぇ

000Heart_3.jpg

カナダ生まれのバラです
寒さに強いバラをめざして
カナダ政府の機関で作られた「探険家シリーズ」のバラ

マーティン・フロビッシャーさんはイギリスの探検家
1576年から3回のカナダ探検を行っています

フランス代表のジャック・カルティエさんが
カナダに行ったのは1534年、1535年と1541年

16世紀後半のフランスは
ハプスブルグ家との争いや宗教戦争などで
海外に目を向ける余裕がなかったようです

フランスの人が行かない間に行っちゃうもんね〜〜〜と
イギリスの探検家さんが何度かカナダを訪れています

000Heart_3.jpg

ヨーロッパから西へ向かえばアジアに
出られるはずだと考えられていたそうです

カナダ先住民はカナダに「サグネイ王国」という
黄金の国があると言っていたらしいです

アジアに行けばいろいろなものがあるし
金まであったら万々歳 
行ってみよう 行ってみよう 西へ 西へ

000Heart_3.jpg

フロビッシャーさんは2度目の航海で
金を発見したと思いました

3度目はもっと大きな船でカナダに向かい
金をどっさり持ち帰りました

ところが ところが あらま無念 
それは金ではなかったとわかりました

2度目の航海で持ち帰ったときに
わかんなかったんでしょうかねぇ

000Heart_3.jpg

寒さに強いので、カナダはもちろん
北欧でも育てられている様子です

お母さんバラはドイツ生まれのハイブリッド・ルゴサ
お父さんバラは不明

何かの花粉がくっついて実ができて
そこから苗を育てて選抜したらしいですけれど
耐寒性抜群のバラをめざした畑には
寒さに強いバラしか植えられていなかったのでは?
お父さんもきっと寒さに強いバラだったと思います

000Heart_3.jpg

クシュクシュ・フワフワの花びらが
心の琴線に触れましたら
どうぞ『マーティン・フロビッシャー』を
マイ・ローズのお仲間にお迎えください

寒さでバラが傷みますぅ 
傷んだバラを見るのは心が痛みます
・・・という経験をお持ちの方 
『マーティン・フロビッシャー』はいかがでしょうか?

寒冷地でも心配いらずの
バラ栽培を楽しんでいただけます


現在販売中のバラ苗はこちら
バラ春苗・バラ大苗予約はこちら
をごらんください
予約サイトでは期間限定で
今お届けできるバラ苗も
ご準備いたしております

どうぞよろしくお願いいたします

アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2010 Antique Rose Garden