2010年05月19日
食事バランスガイド
我が家には大修館書店発行の
「食品成分表」なる書物があります

いろいろな食品のカロリーや
たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンなどの
含有量の数字がズラズラ並んでいます

この本のおまけ記事という感じで
厚生労働省・農林水産省による
食事バランスガイドというものが出ていました

食事バランスは、全体が「コマのイメージ」で
「偏食」だとコマが
「不安定な回転になって倒れてしまう」
のだそうです

コマですから下の方が細くて
上が太い円錐形です
真横から見れば逆三角形

一番下は牛乳・乳製品とくだもの
その上が肉・卵・魚・大豆料理などの主菜
もう一つ上が野菜・きのこ・海草などの副菜
一番上がご飯・パン・めん類の主食
水とお茶がコマの中心になる軸

1日分のめやすは
牛乳・乳製品を2サービング
くだものも2サービング
主菜3〜5サービング
副菜5〜6サービング
主食5〜7サービング
だそうです

サービングは「各料理について一回あたりの
標準的な量を大まかに示すもの」らしいですが
なんでいきなり英語なんでしょうか?

牛乳・乳製品の1サービングの例は
牛乳コップ半分、チーズひとかけ、スライスチーズ一枚

くだものの1サービングの例は
みかん1個、りんご半分、かき一個、ブドウ半分

主菜の1サービングの例は
冷奴、納豆、目玉焼き
2サービングの例が
焼き魚一匹、魚のてんぷら、まぐろとイカのさしみ

副菜の1サービングは
「主材料の重量がおよそ70グラム」

主食の1サービングの例は
ご飯小盛り一膳、おにぎり一個、食パン一枚

牛乳・乳製品2サービング、くだもの2サービングは
誰でも毎日摂りなさいということかな?

主菜3サービングと主食5サービングも
誰でも毎日必要って意味でしょうねぇ

最大値が決まっているということは
一日に納豆6パック以上とか
おにぎり8個以上とか食べるとよろしくない?
野菜も420グラムまで?

おまけ記事なので1サービングの例が少なく
実際に何をどれだけ食べればいいのかは
あんまりわからなかったです
1サービングの例だけズラズラ書かれた書物も
あるのかも知れません

以上、厚生労働省・農林水産省による
食事バランスガイドについての情報でした
今すぐ役に立つという情報でなくてすみません


現在販売中のバラ苗はこちら
開花苗のご予約はこちら
をごらんください
どうぞよろしくお願いいたします

アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2010 Antique Rose Garden