2010年05月25日
ランゼニュー 白いガリカ
■憧れのバラ苗■ランゼニュー 
            ヴィベールさんの白ガリカ

100525-2L.jpg

ガリカ系オールド・ローズ
1833年 フランス

飾りガクが綺麗です
これから花開く白い花を
もっともっとひきたてますよと
フワフワのガクが言ってます

じっくり観察すると飾りありのガクと
飾りなしのガクが交互に配置されています

飾りのないスラッとしたガクは
ツボミをしっかりサポートします

引き立て役のガクとサポート役のガクが開いてくると
ちょっぴりピンクで装った白い花弁が見えてきます

100525-3L.jpg

白いガリカ系のバラって珍しいのです
葉っぱの色がここまで淡いガリカも珍しいです

最初に開いた白花とガクで包まれたツボミ
そして淡いミドリの葉っぱのコントラストが美しくて
このバラの周囲だけ何か
夢物語のような雰囲気が漂います

その昔、ヴィベールさんという方が
いらっしゃいました
ナポレオンが活躍したころとほぼ同年代の
フランスの人です

ヴィベールさんは、たくさんのバラを
作り出してくださいました

現代にも伝わるヴィベールさんのバラは
繊細・可憐な美しさを持つものから
ゴージャス&リッチな雰囲気のものまでさまざまです

さまざまながら、どれもが
洗練された上品さを持っているのです

「ヴィベールさんのバラと聞いただけで
もう欲しくて欲しくてたまらなくなります」
バラ愛好家さんの、そんなお気持ちを
直接伺った経験もあります

そのお気持ちは痛いほどわかります

100525-4L.jpg


『ランゼニュー』はヴィベールさんのバラ
しかも白いガリカ
これはも〜う たまりません

花姿はカップ型
花びらギュウで中心に
グリーン・アイの出るときもあります

白いオールド・ローズならば
是非是非こんな風な雰囲気で咲いて欲しい
そんな思いをギュウッと凝縮したような品種です
 
なぜ有名にならなかったのかは謎・謎・謎
消えずに残っていてくれたのがとっても嬉しいです

100525-1L.jpg


ガリカ系のバラは長い年月 ヨーロッパの庭を
美しく彩ってきたバラです

ナポレオンのお后さまだったジョセフィーヌが
植物を愛したマルメゾン宮殿の庭園でも
一番種類の多かったバラはガリカ系だったと思います

ガリカ系のバラは春または初夏の一季咲き
一年かけて待つのも
植物と暮らす楽しみの一つですよね

ヴィベールさんの白いガリカ『ランゼニュー』を
お手元にいかがでしょうか?

ジョセフィーヌ妃の時代には
ちょっと間に合わなかった白いガリカです

マルメゾン宮殿の庭園のガリカたちと
一緒に咲くことのできなかったバラを
21世紀の日本で愛でる!

バラ栽培にはこんなお楽しみも
ついて来てくれちゃいます♪

現在販売中のバラ苗はこちら
開花苗のご予約はこちら
をごらんください
どうぞよろしくお願いいたします

アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2010 Antique Rose Garden