2010年05月27日
プシュケ
■憧れのバラ苗■プシュケ
           エレガント・キュートのつるバラ

100527P-1.jpg

ハイブリッド・ムルチフローラ
1898年、イギリス


ホワイト&ピンクの花色が可愛いです
ラベンダーのかかったピンク色

上質のピンクの染料に
上質の薄墨を溶かし込んだら
こんな色が出るでしょうか?

ホワイト&ピンクのバランスが一定ではないので
花開くたびにワクワクしてしまいます

中心の小さな花びらが折りたたまれるときがあります
これがウワサのボタン・アイ!

花の直径は5,6cm
香りはスミレの花のようです
樹高のめやすは4メートル程度

 
100527P-2.jpg

プシュケはギリシア・ローマの神話の登場人物
もともとはある国の王女さまでした

プシュケがあまりにも美しくて
人々がほめたたえるので
美の女神ヴィーナスは面白くありません

息子のキューピッドに
「変なヤツと恋に落ちるようにせよ」と
変な命令を出します

プシュケと登場するときのキューピッドは若き美青年
お母様の命令を実行しようとした
美青年キューピッドくん

恋の矢でプシュケを射たところまではよかったのですが
自分の身体も恋の矢で傷つけてしまいました

おお これではプシュケとキューピッドが
恋に落ちてしまう・・・

この後、二人の間に「美女と野獣」「ツルの恩返し」
「ハリー・ポッター」「パンドラの箱」が
組み合わさったような運命が待ち受けますが
最後には、プシュケは神となり
キューピッドの奥様となります
めでたし めでたし

100527P-3.jpg

美の女神ヴィーナスをいらだたせるほどの
美貌の持ち主だったプシュケ

欧米のバラの育種家さんは
とびっきりの美しさのバラには
『プシュケ』とつけたい!と
考えていたかもしれません

この品種以外にも
ガリカ系やハイブリッド・パーペチュアル系などで
『プシュケ』という名前のバラがありました

これらは、もはや
失われたしまったかもしれない『プシュケ』たち

この『プシュケ』も
あっちにもこっちにもあるという訳ではないですが
とりあえず失われないで生き残っています

100527p-4.jpg

生き残り『プシュケ』は
野イバラの遺伝子を持っています

しなやかな柔らかい茎です
房咲きになります
やや遅咲きの一季咲き

マイ・ローズの一本に『プシュケ』はいかがでしょうか?
春のバラ大爆発開花のあとを
この優しい雰囲気の花が彩ってくれるのも嬉しいです

100527P-5.jpg



現在販売中のバラ苗はこちら
開花苗のご予約はこちら
をごらんください
どうぞよろしくお願いいたします

アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2010 Antique Rose Garden