2010年09月02日
ズールー・クイーン
■憧れのバラ苗■ズールー・クイーン 
                             黒薔薇の女王

100902ZQ-1.jpg


『シャトー・ド・クロ・ヴージョ』という
黒赤バラがあります

現代の黒赤バラの誕生に
重大な役割を果たしたバラです

『ズールー・クイーン』は
『クロ・ブージョ』の子孫バラ

ちょっと実物と対面してみたくなりました
『ズールー・クイーン』は
ワクワクの期待を裏切らない
素敵なバラでした

ツボミはふっくらタイプ
開くと半剣弁高芯咲きの花姿
そこからまだ変化します

これが1930年代のバラなのか!
と思います

クシュクシュ花びらはガリカ・ローズの 
雰囲気なのです

100902ZQ-2.jpg

樹高低めのバラです
せいぜい1メートルくらい

直径10cm近い花が
1メートルの茎に咲く姿は壮観です

葉っぱはまん丸のイメージです
完全な円形ではないのですが
小さめ丸めで周囲のギザギザほとんどなし
「これ ほんとにバラの葉?」
という気分になります

照り葉でないし、葉の色も淡い目
赤バラ独特の新芽の赤味も
すぐに抜けて緑になります

香りは軽いダマスク香
オールド・ローズのダマスク香とは
ちょっと違うモダン・ダマスク
普通の黒赤バラほど甘い香りではありません

100902ZQ-2.jpg

『ズールー・クイーン』という名前は謎です
作出者さんと南アフリカに居住する
民族との関係は?

通信用語というものがあります
「朝日」の「あ」、「上野」の「う」
とかいう感じで
電話などの聞き間違いを防ぐやつ

それの英語バージョンは
アルファのA、ブラボーのB
チャーリーのC・・・で、
Zはズールーなのだそうです

ズールーという単語は
英語を日常につかう人には
親しみのある言葉なのかもしれません 
でもねぇ・・・

100902ZQ-2.jpg

サッカー・ワールド・カップの会場で
吹き鳴らされた楽器は「ブブゼラ」

これの語源がズールー語だという説も
あるらしいです
でもねぇ・・・

作出者さんはドイツ人
第一次世界大戦勃発時に
イギリスに住んでいたので
強制収用所に入れられてしまいました
「英語が上手になりました」と
おっしゃったそうです

イギリスはズールー王国と戦争をしています
イギリス憎し ズールー万歳だった?
でもズール戦争は1879年のことだし・・・

ズールー王国にはたくさんの
クイーン様がいたのでしょうが
古代エジプトのクレオパトラのように
特別有名な人物はみつかりませんでした
 
ただの黒赤バラじゃないぞ〜〜〜
という気持ちがこめられた
インパクトのある命名だったのかも
しれません

100902ZQ-3.jpg


黒赤のバラだけれど
ちょっと普通の黒赤バラと違う
『ズールー・クイーン』はいかがでしょうか?

バラの品種名をアルファベット順に並べたときに
たいてい最後にくるあの品種
『ゼフィリーヌ・ドルーアン』より
さらに後ろになるという
オマケもついています♪  

現在販売中のバラ苗はこちら
をごらんください
どうぞよろしくお願いいたします

アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2010 Antique Rose Garden