2010年10月26日
ブラッシュ・クイーン・エリザベス
■憧れのバラ苗■ブラッシュ・クイーン・エリザベス
             強健グランディフローラ

101026BQE-2.jpg


「英国女王たるものが
ただ一種類のピンクの衣服で
済ませられる訳がないではありませんか」

クイーンはそのようにお考えになって
淡いピンクの『ブラッシュ・クイーン・エリザベス』に
変身なさいました

101026BQE-3.jpg


グランディフローラはハイブリッド・ティー風の花が
房咲きになるバラ
そして強健

グランディフローラの第一号が
『クイーン・エリザベス』で 
『ブラッシュ・クイーン・エリザベス』は
その枝変り品種なのです

いつ・どこで・誰が見つけて
それを品種として固定したのかは
謎につつまれています

花びらはフンワリ
開きかけの姿は
ちょっと他にはない・・・という感じです

香りはほのかな甘い香り
こんなに優しい風情ですが
まあ 強いわ 強いわ 
ビックラコンコン

地面に穴を掘って、植えつけて
バケツの水をドバババと与えたら
あとは完全放任でも生きてくれそうなほど
強いです

101026BQE-4.jpg


初めてのバラに
『ブラッシュ・クイーン・エリザベス』はいいかも〜
あ! もちろん17本目のバラでも
問題はないです
(17という数字に特に意味はありません)

強健さは『クイーン・エリザベス』と同じ
花色はソフト
育てやすくて
どこにでもあるバラではない
いいでしょ?

101026BQE-5.jpg


『ブラッシュ・クイーン・エリザベス』にも
問題点がある
この辺りもキチンとお伝えいたします

春先に斑の入ったような葉が
出ることがあります
そんなことどうでもいいですか?

では、放任すると背が高くなっちゃいます
地植え放任だと頭より上で
花が咲いちゃったりするかも・・・

さあ どうする? どうする?

常に見上げて花を見て首を鍛える?
それもひとつの選択肢ですね

その他には?
剪定 剪定 それは剪定♪

101026BQE-6.jpg


無理に樹高を低めにしようとせず
背の高いままという作戦もありです

おお 我が家が見えてきた!と
遠くからわかります
ベランダ栽培で道路から見えます

高くてもOK
低くてもOK
育てやすくて美しい
『ブラッシュ・クイーン・エリザベス』は
いかがでしょうか?
最初のバラにもOK
65本目のバラにもOKです



現在販売中のバラ苗はこちら
バラ春苗・バラ大苗のご予約はこちら
をごらんください

こちら をクリックしていただいて
さらに左端のWinter Close Saleを
クリックしていただけると
冬越し予定株をご覧いただけます
冬越しにご協力いただけましたら大変嬉しく思います

どうぞよろしくお願いいたします

アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2010 Antique Rose Garden