2007年01月25日
剪定はいつするか
北から南までいろいろな気候のある日本列島
剪定の時期も微妙に違ってきます

東京で1月から2月下旬までくらい

関西では2月初旬 節分の頃までに
終わらせたほうが結果良好と言われています

東京でもなく関西でもない地域にお住まいの方は
「ウチではいつ切ればいいの?」と疑問に感じられる
かもしれません

その疑問にお答えしたと思っても
日本各地の気候を経験していないので
はっきりとしたお返事ができません

バラの様子をみて決める!
これが一番確実でしょう

剪定は
☆バラの休眠中に!
☆芽がポッチリと赤くなってきたら急げ!

芽は葉っぱの付け根にあります
葉っぱが落ちているときも
茎のところどころに葉っぱのついていた跡が
横向きの線の状態で残っています

この横向きの線のすぐ上に芽があります

バラがゆっくりと活動をはじめ
樹液が回り始めると
樹液に乗って養分が運ばれ
芽がポッチリとふくらんできます

あまりに遅くに剪定をすると
枝先に送られた養分を切り落とすことに
なるのでもったいないです

理想はバラが休眠からさめる直前
そして剪定したあとに強い霜がおりないこと

芽はもうポッチリ赤い
日に日にふくらむ
でもまだ強い霜がおりそう・・・というときは
安全のためにひとつふたつ多めに芽を残して
剪定しておくという手があります

バラの都合はこのくらいですが
人間の側の都合もあります

時間がない
外は北風びゅ〜びゅ〜で気温もとっても低い
こんなときに剪定するのは苦痛です

ほんわかした良いお天気で
時間もたっぷりあるときにやれば
剪定はさらに楽しくなるのではないでしょうか?


アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2007 Antique Rose Garden
all rights reserved