2007年09月14日
サンタ・カタリーナ
■憧れのバラ苗■サンタ・カタリーナ
     アプリコット・ピンクのクライミング・フロリバンダ

Santa_Catalina2.jpg


『サンタ・カタリーナ』は島の名前だそうです

ロサンジェルス南西沖の保養地

保養地というからには
気候快適・風光明媚なのでしょうか?

そこに何度も行きたくなるような
魅力を秘めた土地かな?

バラの『サンタ・カタリーナ』は
そんな保養地のイメージにピッタリです

優しい潮風♪ 浜辺のさざなみ♪ 
ふりそそぐ太陽♪

さあ腕を広げて思いっきり深呼吸!

なんだかゆったりとくつろいだ雰囲気が
漂ってくるバラなんです

花色に幅があるのでピンクが強かったり
アプリコットっぽかったりしますが
どの色でも咲くたびにため息!

ふんわりカラーはロサンジェルス沖の
保養地の雰囲気を表しているのでしょうね

『このバラはもっと広く育てられるべきだ!』と
書かれている書物もありました

そうです! もっと広く育てられるべきです!

ふんわりカラーのふんわりつるバラを
お探しでしたら
『サンタ・カタリーナ』はピッタンコでしょう?

花は中輪 セミ・ダブル
ゴ〜ジャス大輪がお好みだったらダメかな〜

でも中輪 セミ・ダブルのつるバラもいいですよ〜
(・・・と誘惑する)

クライミング・フロリバンダなので
ご機嫌なときには真夏でも咲いてくれます

気温の低いときとはまるで違った色で
咲いたりするのですが
それがまた美しい!

花弁のフチだけピンクが濃い目の時もあって
これがまた可愛い!

データーによりますと
つるの伸長は約3メートル

作出者はマグレディー4世

たった2歳のときにお父さんを亡くして
苦労したマグレディー家の4代目

マグレディー4世がすばらしい品種を
作り出せるようになるまでには

ドイツのコルデスさんやアメリカのブーナーさんの
手助けがあったそうです

商売ガタキになるかもしれない人に
栽培法や育種の秘伝まで
教えてあげたのですって!

なんと心の広い方々でしょうか!

目先の利益よりはバラ全体の繁栄を
望んだのでしょうね

そういう方々の助力があって
私達は今 マグレディーさんのバラを
堪能することができるのですね

『サンタ・カタリーナ』の花をみつめると
バラの世界の熱き友情も感じられそうです

ロサンジェルス沖の保養地の雰囲気とともに
バラの世界の熱き友情も感じられるそんなバラ
『サンタ・カタリーナ』をガーデンにいかがですか?

このバラが手元にあると
ふんわり優しい気分になれそうです♪