2006年09月27日
周囲をしっかり
鉢バラを大き目の鉢に植えかえるとき 
当然のことですが
新しい鉢と元の株の根鉢の間にすき間が出来ます

この部分の土の入れ方がその後の生育に大きく影響します

この部分に土がふんわりとしか入っていないと
たっぷりとあげたつもりでも
水はふんわり部分を通ってサ〜ッと抜けてしまい
鉢の中心部はパサパサという現象がおこります

割らない状態の割り箸や先の丸い支柱などで
ツンツンツンとつくと良いです

生育中に根っこをバシバシ切るのは良くないので
根のない部分(新しく入れた土の部分)をツンツンツン

土のすきまに突き当たると面白いように
どんどんと土が入っていきます
ビンゴ!という感じです 
 
このツンツンツンをやるのに
最初から鉢の上の方まで土を入れるより

三分の一くらい入れてツンツン
また三分の一くらい入れてツンツン

最後の三分の一を入れてツンツン・・・という手順で
やるほうがうまくいきます

ガ〜ッと水の出せるホースと
水が流れても良い場所があるのでしたら
ツンツンの代わりに水をガ〜ガ〜入れる方法もとれます

この場合も三分の一くらい入れてガ〜ガ〜
また三分の一入れてガ〜ガ〜・・・とやってみてください

どちらの方法でやってもザラザラザラ〜っといれる場合より
う〜んとたくさんの土が入ります

鉢バラで水やりもきっちりやってる・肥料も切らしてない
だけどなんとなく生育が悪い・・・

そういう状態にならないようにするために
ツンツン作戦またはガ〜ガ〜作戦は有効です


現在販売中のバラ苗はこちら
バラ春苗・バラ大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします


アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2006 Antique Rose Garden
all rights reserved