2007年12月23日
カザンリク
■憧れのバラ苗■カザンリク 
             ローズ・オイルの原料のバラ

Kazanlik2.jpg


ブルガリアでバラの香油をとるために
栽培されているバラです

ブルガリアの中央部バルカン山脈と
スレドナ・ゴラ山脈に挟まれた一帯は
『バラの谷』と呼ばれています

世界のバラの香料の7割から8割くらいは
バラの谷で作られているそうです

そのバラの谷で一番大きな町が『カザンラク』

カザンラクというのはもともとは
バラの香油を精製するために使われる
銅製の蒸留釜のことだそうです

釜の名前から町の名前がついたのでしょうか?

ちょっと不思議なのは釜の名前も町の名前も
普通『カザンラク』と表記されるのに
バラの品種名は『カザンリク』と表記されること

う〜ん なぜなんでしょうか???

1キロのバラの香油を取るためには
花びら3トンが必要だと言われています

花の数にすると1000万個以上なのですって!

全部の花がお日様がカッと照りつける前に
手で摘み取られます

香油を採るバラは一季咲きですから
一年一回勝負ですね

ブルガリア全体でどれくらいの香油が
採取されるのでしょうか?

そのために摘みとられる花びらの総量は?

見渡す限りバラ!バラ!バラ!で
あたり一面にダマスク香が満ちているのでしょうね

『カザンラク』の町に咲き誇る一面の『カザンリク』♪

摘み取られた『カザンリク』の花は
銅釜『カザンラク』で精製されて

『カザンラク』の町から
フランスなどに輸出されていきます

『カザンリク』の花は直径7,8センチ

花びらギュウギュウではないです
ギュウギュウでない分だけ
よりいっそう香り立つのかもしれません

直立性の樹形で樹高は2メートル程度

バラの谷では花後に1メートル程度に
剪定するそうです

一季咲きのバラを冬剪定するという
手法もあるのですが
それはガーデンで株全体の形を
美しく仕上げるためのもの

できるだけたくさんの香油をとるためには
できるだけたくさんの花が必要ですから
バラの谷では花後(5月から6月)らしいです

これは毎年の剪定

5,6年に一度は花後に
地際まで切り詰めてしまうのですって!

株の若返りを図るのでしょうね

マイ・ガーデンに『カザンリク』はいかがでしょうか?

一輪の花に顔を近づけて
クンクンク〜ンと香りをかげば
脳内に『バラの谷』の一面のバラの香りが
漂ってきます!


アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします