2009年12月16日
ファンタン・ラトゥール
■憧れのバラ苗■ファンタン・ラトゥール 
             麗しパウダー・ピンク

Fantin-Latour2.jpg


コロリンと丸い赤のツボミから
パウダー・ピンクの花が開きます
ほんの少しだけグレイが溶け込んでないかな〜?
ブルーが入ってないかな〜?
・・・という感じの魅惑のピンク

透き通るような花びらです
カップ咲きの花が房になって咲きます
中心にはボタン・アイが出ることもあります

センティフォーリア系のバラの別名は
キャベッジ・ローズ
花びらがたくさん重なるキャベツ・バラ♪

マリー・アントワネットは末っ子のルイ・シャルルを
「私の愛のキャベツ」と呼んでいたそうです

アントワネットがお子様を抱きしめて
「モン・シュー・ダムール」とささやきかける
おおおおお〜

ヨーロッパの人々のキャベツのイメージって
日本の私達のイメージとは
違っているのかもしれませんね

樹高のめやすは1.5メートルから2メートル程度
花の直径は7,8センチ

花姿ははっきりとセンティフォーリアですが
茎と葉っぱは純粋のセンティフォーリアとは
違っています

ほとんどトゲなしです!
茎の感触もなめらか

葉っぱはオリーブ・グリーン
表面がペタンとした感じでちょっぴりツヤあり
茎や葉っぱの感じはチャイナ風です
花のすぐ下のヒップになる部分の形もチャイナ風
チャイナ・ローズの遺伝子ありかな〜と
思いつつ見ていました

実際
「交配はセンティフォーリア x チャイナ・ローズ」という
研究者の意見もあるらしいです ブラボ〜

さらに「ガリカ x ハイブリッド・ティーだ!」
という意見もあるそうです
これにはちょっとビックリ

どうしてそんなに色々な意見が???
『ファンタン・ラトゥール』は
「発見されたバラ」だったんです
ファウンド・ローズ英国バージョン♪

この英国バージョンのファウンド・ローズは
セメタリーとかゴースト・タウンで発見されたものではなく
あるお庭で品種名不明で育てられていたものだそうです

ラベルは「ベスト・ガーデン・ローズ」
「庭で一番いいバラだよ〜ん」ということですね

品種名は不明 でも最高のバラだ!・・・と
大切に育てられていたのでしょう

ファンタン・ラトゥールさんはフランスの画家さん
集団肖像画と静物画が有名だそうです

特にバラに関しては
「バラの花を描かせたら右にでる者はない」と
高く評価されていると聞いています

1861年にサロン(官展)初入選
・・・となるとバラの『ファンタン・ラトゥール』の作出は
それ以降かもしれませんね

キャベツ・バラ・センティフォリア系の
もう一つの別名は「画家のバラ」♪
このバラを見ると画家さんが描きたくて
ウズウズしちゃうのかな?

麗しの「画家のバラ」に
「花の画家 ファンタン・ラトゥールさん」のお名前♪
なんとぴったりなのでしょうか!
チャイナ遺伝子ありかもしれませんが耐寒性ありです

マイ・ローズの一本に
麗しのパウダー・ピンクのバラはいかがでしょうか?

魅惑のバラを咲かせてくれた『ファンタン・ラトゥール』には
アントワネット気分で「モン・シュー・ダムール」と
ささやきかけることもできます!

【謹告 その1】
画像の後方の葉っぱは、手入れ不足の芝
(バーミューダ・グラス)です
こういう葉っぱのバラではありません
ご了解ください

【謹告 その2】
このバラは一年中途切れず咲くタイプでは
ありません
アントワネット気分で「モン・シュー・ダムール」と
ささやきかけることが病みつきになってしまった
場合は、どうか春の花の画像をご用意ください

スーパーマーケットで思わず
「モン・シュー・ダムール」とささやいて
キャベツにほほずりをしてしまわないための
対策です
 


アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします