2008年01月06日
チャイナ・ローズの剪定
Old_Blush7.jpg


【チャイナ系のバラの特徴】

 花色 赤、ピンク、クリーム系
      咲き進むと色が濃くなる
     バラの赤色遺伝子はすべて
     チャイナ・ローズに由来している
 
 香り  強い香りのあるものは少ない
     葉っぱをこすると指に胡椒のような香りが
     残るものもあり
     
 樹高 細枝・直立性のシュラブ
     5,60cm程度から
     1m程度まで

 葉   細長くてぺタッとした質感の葉
      葉脈が目立たない

 トゲ  非常に少なく、茎はツルっとした感じ

 花季  四季咲き(温度と光があれば一年中開花する)

 栽培最適ゾーン ゾーン7から10 (−18℃以上)
                        寒冷地では防寒対策必要
  

Ferndale_Red_China2.jpg


【チャイナ系の剪定の基本】

基本的にはチャイナ系は剪定不要です

もともと気候温暖な地域のバラなので
休眠して冬を乗り切るという仕組みを
もっていません

かなりの低温状態が続かない限り
活動を停止しません

連続した低温状態で活動を停止しても
温度があがるとすぐに活動を再開します

養分は枝に蓄えられたままです
(休眠するバラはクラウンや根に
養分を貯蔵します)

枝に養分があるので
ハイブリッド・ティーのような深い剪定をすると
体調を崩します

下にチャイナ・ローズの地域別の
剪定の方法をまとめてみました
この通りにやらないと絶対にダメだ!という訳
ではありません
一応の参考になさってください


Humes_Blush6.jpg


【チャイナ系 温暖地の剪定】

折れた枝・枯れた枝・病気の枝は
見つけ次第切り取ります(周年)

針のように細くて黒ずんでいる枝先は
切り取ります(周年)

大きく育ってきたら
好みの大きさで形良くなるように
軽く切りそろえます(冬剪定)

交差している枝や
へんてこりんな方向に伸びた枝も
切り詰めます(冬剪定)

夏剪定は特に必要ありません

ボーボーに茂りすぎていたら
交差している枝や
株の内側に向かって伸びている枝を
切って形を整えます


Archiduc_Charles3.JPG

【チャイナ系 寒冷地の剪定】

秋から冬にかけてはハサミを入れません

春になって強い霜の恐れがなくなったら
上記の温暖地の剪定と同じように切ります

寒冷地でチャイナ系のバラにハサミを入れるのは
強い霜の降りる6から8週間くらい前までです

Napoleon9.jpg

チャイナ系のバラは爪楊枝のような細い枝にも
花を咲かせます
切りすぎにご注意ください

漢字の名前のついているバラが
すべてチャイナ・ローズではありません

漢字の名前のバラは正体を確かめてから
剪定するのがよいでしょう



アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします