2008年01月08日
ティー・ローズの剪定
Freiherr_von_Marschall_1.JPG


【ティー系のバラの特徴】

 花色 ピンク・白のほかに
     イエロー系やアプリコット系など多彩
     ソフトな色合いのものが多い
     稀に赤系のものもある
 
 香り  紅茶の葉っぱの香り(ティー・フレグランス)
     
 樹高 5,60cm程度でコンモリ茂るものから
     1m程度の中型ブッシュ
     つる性のものもある

 葉   7枚葉が多い
      先端が細くなっている涙のしずく型
      緑が濃く厚みもあるが照り葉ではない

 トゲ  サメの背びれ型

 花季  四季咲き(温度と光があれば一年中開花する)

 栽培最適ゾーン ゾーン8から10 (−12℃以上)
            寒冷地では防寒対策必要

Souvenir_de_J_B_Guillot.JPG


【ティー系の剪定の基本】

ティー系のバラは無剪定でも
育てられます

チャイナ系と同様に
茎に養分を蓄えているので
ハイブリッド・ティーのような深い剪定は
しません

栽培する場所にあわせて切り詰めるときも
切りすぎにならないよう注意してください

下にティー・ローズの地域別の
剪定の方法をまとめてみました
この通りにやらないと絶対にダメだ!という訳
ではありません
一応の参考になさってください


Alphonse_Karr10_1.jpg


【ティー系 温暖地の剪定】

折れた枝・枯れた枝・病気の枝は
見つけ次第切り取ります(周年)

爪楊枝より細くて黒ずんでいる枝先は
切り取ります(周年)

枝数が増えすぎて混みあってきたら
古い枝を根元から取り除きます(周年)

大きく育ってきたら
好みの大きさで形良くなるように
軽く切りそろえます(冬剪定)

交差している枝や
へんてこりんな方向に伸びた枝も
切り詰めます(冬剪定)

Mme_Antoine_Rebe6.jpg


ティー系の花はうつむきがちに咲くものが
多いので切り花として使うときは
枝を長めにつけて切らないと
花瓶に生けることができません

採花するときに枝を切るのも
剪定の一種です

しばしば採花で切り詰めていれば
夏剪定は特に必要ありません

ボーボーに茂りすぎるときは
生育期間中でも
交差している枝や
株の内側に向かって伸びている枝を
切って形を整えます

Rival_de_Paestum2.JPG


【ティー系 寒冷地の剪定】

秋から冬にかけてはハサミを入れません

春になって強い霜の恐れがなくなったら
上記の温暖地の剪定と同じように切ります

寒冷地でティー系のバラにハサミを入れるのは
強い霜の降りる6から8週間くらい前までが
安全です

Le_Vesuve2_1.jpg

白とピンク系のティー・ローズは
小型のものが多いです

イエロー系は全般的に大型

19世紀後半以降に作出されたものは
花弁のフチが色濃い覆輪のものもあり
サイズはおおむね中型です

ティー・ローズは種類がたくさんあるので
品種のミクスト・アップ(ごちゃまぜ)状態に
なっていました

アンティーク・ローズ愛好家の力を結集して
間違い訂正の研究が進められています

世界で一番正しい品種が
流通しているのは日本!
という日が来ると素敵ですね





アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします