2008年02月27日
トリヨンフ・ド・ギヨー・フィス
■憧れのバラ苗■トリヨンフ・ド・ギヨー・フィス
             華やかクライミング・ティー

Triomphe_de_Guillot_Fils_1.jpg


ギヨー・ナーサリーの創設者は
ジャン・バティスト・ギヨーさんです

2代目は
ジャン・バティスト・アンドレ・ギヨーさん
 
おお ややこしい!

ややこしいので2代目さんは
『ギヨー・フィス』と呼ばれています

息子さんの方のギヨーですね

似たような名前ですから
この方がわかりやすくていいです!

『トリヨンフ・デ・ギヨー・フィス』の作出者は
ギヨー・フィスさん

『成功の喜び』を意味する『トリヨンフ』と
自分の名前を組み合わせた作出者自信の一品!

フワフワ花びらの大輪クライミング・ティーです

サテンのような花びら そして強香

淡いピンクの中にサーモンとイエローが
溶けとけこんだような花色が
ちょっと他のバラにはない色合いです

一番華やかなクライミング・ティーかもしれません

枝の伸長はおよそ3メートル

寒冷地でもスルスルと枝を伸ばしました
3メートルはないですがかなりの長さです

春の一季咲きなのがちょっと残念

Triomphe_de_Guillot_Fils2_1.JPG


日本を代表するつるバラのオーソリティ先生は
『バラは一年間で咲く花の量は同じ 
春に一年分の花を咲かせる一季咲きはすごい』
・・・ということをいつもおっしゃっていますよね

確かに一季咲きのバラの春の爆発的開花はすごい!
一年せっせと春のために用意しているんですものね

温暖地で育てていた頃は
春しか咲かなかった『マサコ』が
長野の高原に持ってきてからは
一年中ポロポロと花をつけるようになりました

おや いいじゃん!と思ったのは
最初の頃だけで今ではなんだか寂しいです
 
春にドカ〜ンと咲いて
株元は花びらで雪が積もったみたいになる
春咲きの『マサコ』さまが懐かしい・・・

Triomphe_de_Guillot_Fils4.jpg


つるバラなんだから花は春だけでいい
春だけの豪華な花を楽しもう
・・・と考えていただける方

この作者自信の麗しのクライミング・ティーは
いかがでしょうか?

ドッカ〜ン開花で春が一段と楽しくなります!  

アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします